読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆりら文庫

創作小説ブログ

もしも私が

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第十夜(最終回)

最寄り駅で荷物を持ち、電車を待っている。傍らには友人が一緒にいる。彼女とは中学から高校までの学校生活を共にした、たいへん気心の知れた仲である。 やがて客車を引いた蒸気機関車が、その黒い巨体をガシュガシュとうならせて駅に入って来る。客車には前…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第九夜

見ず知らずの海岸で、自分は静かに空を見上げていた。浅緑色に曇る空に向かって、透明な円筒がまっすぐ伸びている。地面から斜めに続くそれは、人ひとりであれば入れそうな大きさだったので、自分はそれが宇宙へと続く道なのだと思った。 気がつくと辺りは無…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第八夜

気がついた時、そこは自分がよく知っている、冒険もののテレビゲームの世界であるとすぐに思った。友人や自分の身なりと所持する物がいかにもそれで、だからその薄色の壁をした廃工場にいる目的も、当然のごとく知っていた。 ならば進むより他無いと、二人で…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第七夜

自宅の二階の寝室にいる。何やら無性に空が飛びたくなって、一心にその場で跳び上がることを繰り返していた。いくら力の限り両足で踏み切ってみても、身体は重力に従って落ちるばかりである。 それが何も変化しないことを知り、飽きて兄の部屋に踏み込んだ時…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第六夜

自宅の最寄り駅のホームで、学校に行くための電車を待っている。しかし、次の電車に乗ったとしても、遅刻するのは確実だった。それで自分は一時も落ち着くことなく電車を待っていた。 すると不意に駅のベルが鳴り出し、当初の時間よりも早く電車が駅にやって…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第五夜

こんな夢を見た。 居間のテレビに目をやると、世界の恐怖映像を集めたという番組が放送されている。映っているのは、薄暗い室内にいるスキンヘッドの白人男性。白目の部分に妙な模様が浮かび上がっていることを、自分の目を指さしながら告白している。 なお…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第四夜

なんでもそこは薄暗い劇場らしく、わずかに傾斜のついた広い屋内に、座席がたくさん並んでいる。その座席の列を二、三列挟んだ向かいに、細身の女が立っている。年の頃は自分より幾分上であろうが、極めて若々しかった。艶やかな長髪を後ろで一本に束ね、パ…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第三夜

こんな夢を見た。 雲一つなく晴れ渡った濃い青の空と、同じくだだっ広い地面が広がる。白いコンクリートの地面には何もなく、それが地平線まで続いていたので、自分はここが飛行場だと思った。年の頃が自分と同じ少年少女がたくさんと、大人が数人いたので、…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第二夜

こんな夢を見た。 目が痛くなるような赤が視界いっぱいに展開している。赤く蛍光色に光る画面に、白い文字が浮かび上がっている。字は縦長でデジタル表現の算用数字を思わせたが、かなり小さく、それを判読することは叶わない。 気がつくと自分の身体がいつ…

もしも私が「夢十夜」を書いたら ~第一夜

こんな夢を見た。 木製の、恐ろしく古びたトロッコに乗り、すごい勢いで洞窟を進んでいく。あまりに速いもんで、辺りの景色が一瞬、白んで見えるほどだった。しかし目を凝らせばそこはまぎれもない、赤茶けた地面が続く、暗い洞窟である。そこがまた開けた場…